オフィスデザインをトータルプロデュース!
TEL:0977-66-0155
HORIBUN
  • HOME
  • オススメ商品
  • サービス内容
  • 会社案内
  • お問い合わせ

HOME > お知らせ > ホリブンの歴史・10

社史 2018/07/19

ホリブンの歴史・10

こんにちは。堀文です happy01

 

今年の夏はことさらに早く、そして厳しいように感じられますが、

皆さまいかがお過ごしでしょうか? 

 

さて、このページでは「ホリブンの歴史」と題しまして、
 
堀文の歴史を月1ペースでお届けしています。
 
前回は、株式会社となった堀文の、新装開店に深く関わった
 
財津秀邦さんの思い出と、貴重な資料の数々をご紹介しました。
 
 
今回はまた、社長 堀 高志と、会長 堀 敏弘に話を戻して
 
堀文の事業展開についてお届けしていきたいと思います。
 
どうぞごゆっくりご覧ください。
 
 
 
 
 
「堀文に観光物産事業部が発足
 
 
皆さん、堀文に観光物産事業部があるのはご存知ですか?
 
平成27年の10月、大分県の「おんせん県おおいた新フロジェクト」の一環で
 
シンクロナイズドスイミングのチームが、大分県各地の温泉で演技をするという
 
短編動画「シンフロ」が公開され話題になりましたが、
 
その公式グッズ「シンフロてぬぐい」や「シンフロピンズ」を制作しているのが
 
わたくしたち堀文なのです。
 
 
horibun_blog_10.jpg
 

 

グッズの制作は、2006年(平成18年)に、社長の堀 高志の主導で始まりました
 
 
当時支社のあった、広島県の平和記念公園で販売する土産物を手掛けたのが最初です。
 
コインを入れて、手動でぐるぐると回すと、丸いプラスチックの容器が出てくる
 
「カプセルトイ」と呼ばれるタイプの商品で、中身は「ご当地ピンズ」でした。
 
 
 
20180717_hiroshima.jpg
 
 
20180717_fukuoka.jpg
 
 
20180717_JRkyusyu.jpg
 
 
↑「(株)堀文ウェッジ観光物産事業部」として、制作、販売をしています
 
 

「観光物産事業部」では、北陸~四国・九州地方などの観光地を中心に
 
名所旧跡、建物や名物、行事・催し物などをモチーフにしたピンズやストラップを
 
制作、販売しています。
 
カプセルトイを作る会社としては、それほど大手というわけではありませんが
 
地域密着型のオリジナル商品を作ることで、地元メディアなどにも取り上げられ
 
今では国内外のコレクターや、外国からの観光客からも注目されています。

 
 
 
201807_ooita.jpg
 
↑大分限定ピンズの前面ポップ。「ガンジーファームピンズ」は新発売です♪
 


本社のある大分でも、もちろん様々なグッズを制作しています。
 
「大分限定ピンズ」や、別府市のゆるキャラ「べっぴょんバッチ」などは
 
皆さんもどこかで目にしたことがあるのではないでしょうか。
 
 
 
また、なんといっても外せないのが、堀文の別府亀川の店舗にある…
 
 
 
DSC02272.jpg
 

↑↑↑この「亀川白亀伝説」の亀神様のカプセルトイです!!
 
 
「亀川白亀伝説」とは、亀川地域の名前の由来にもなった白い亀のお話。
 
848年、西国(現在の亀川)で発見された白い亀を、朝廷に献上したところ、
 
瑞兆(良い兆し)と大変喜ばれ、年号も「嘉祥」と改めたのだそうです。
 
当時、国内では飢餓、飢饉が続いていましたが、これ以降ぱったりと収まり、
 
国も安定したのだとか。
 
 
 
 
DSC02249.jpg
 

中身の白亀様は、国東在住の造形作家、中野・マーク・周作さんの作品。
 
なんと、ひとつひとつ手作りの、本物の陶器で出来た白亀様が入っています!
 

 
 
「新奇性のあることを打ち出していきたい。小さな商品だからこそ手を抜かず、
 
色々試しながらやってみようと思う。」と、社長の堀 高志は言います。
 
 
この小さなカプセルトイには、堀文の大きな夢が詰まっているのです♪
 
 
 
 
 
こちらの内容は、漫画にリライトして
ホリブン新聞にも掲載させていただく予定です heart01
 
 
 
 
次回もお楽しみに~ happy02sign03
 

Copyright(c)Horibun ALL Right Reserved.